尾州産地のこと

 
 “日本の真ん中” “トヨタ” を始めとする
物作りの文化。
  木曽川流域の豊かな自然環境に恵まれた尾州は、麻、絹、綿。そしてウールと時代に合わせて変遷しながら、繊維の一大産地に発展しました。尾州産地が面白いのは、糸から織物、そして縫製までの数多くの工程を同じ地域の中で分業・協業していること。工程ごとに幅広い企業から成り立ち、それぞれに技術が培われています。
出典:一宮七夕まつり公式ウェブサイトより

日本一の繊維産地

 
 ガチャマン景気と呼ばれる1950年代から発生した特需景気は、尾州産地を日本一の繊維産地へと発展させる。中でも、愛知県一宮市はその中心であり、「七夕まつり織物感謝祭」「喫茶店モーニング」「女性の高人口比率」など独自の文化を今日まで残しています。

世界三大産地が生み出す
最高級毛織物。 

 
世界でも尾州にしかない低速織機”ションヘル”や、独自の加工技術が作り出す毛織物の風合いは、イギリスのハダースフィールド、イタリアのビエラと共に世界三大毛織物産地のひとつに数えられています。
current01.jpg current02.jpg current03.jpg current04.jpg

尾州のカレント

 
日本一の繊維産地尾州の繊維企業に属する若手社員が中心となり結成した自主的な産地活性サークル。「尾州を何とかしたい」という強い思いから企業の枠を飛び越えた活動を行っています。
  
カレントとは・・・
水の流れを意味し、繊維産業の分業や流通を指す言葉。
経済とも訳される。